◎2016/12/29 ー 『2016』ー

移りゆく季節 そのながれの中に
さまざまなシーンが
思い巡らされます

きっと 
すべてに 与えられた時間が存在しているのでしょう

感謝の気持ちをこめて
静やかな気持ちで
いつも 暮らしてゆきたいとおもっています

みなさま
どうぞ 穏やかな新年をお迎え下さいませ。

===================================================================

◎2016/12/26 ー Best Partner ー

パーティーは音楽ではじまり
さまざまなジャンルの musician たちによる
祝福の パフォーマンス

はじまりから 終宴まで
まるで ライブコンサート会場のような
とっても たのしいひとときでした

フィナーレは
おふたりで  Piano と Vocal
あたたかさで満たされた
素敵な 
デュエットでしたね

🎶 Happy Wedding 🎶

===================================================================

◎2016/12/21 ー Merry Christmas 🎄 ー

🎶 NHK・Eテレ『にっぽんの芸能』のご案内をさせていただきます


NHK・Eテレ『にっぽんの芸能』
没後20年 武満徹の「秋庭歌一具」(しゅうていがいちぐ)

12月23日(金・祝)夜11:00〜/再放送:12月26日(月)午後0:00〜
http://www4.nhk.or.jp/nippongeinou/281/

11/30「伶楽舎第13回雅楽公演」
プログラム第2部の演奏が放送されます 
*東京オペラシティーコンサートホールタケミツ メモリアルにて
是非 ご覧になってみてくださいませ。

🎶 We Wish You a Merry Christmas 🎶

はなれていても
そばにいても 
いつでも
あたたかな ひとときを
お過ごしくださいね。

===================================================================

◎2016/12/16 ー ちいさな手をつないでみよう ー

2016年度の文化庁主催「文化芸術による子どもの育成事業」
(追加公演)が終了しました

ちいさなこどもたちの持っている
測り知れない 無限の可能性
出会って たったわずかな時間のなかで
わたしたちと どれくらい
なかよしに なれたかな、

私にとっては
メンバーと公演をつくりあげてゆく
大切さも合わせて いつも
手をつないで ひろがっている
そんな 頼もしさに感謝をしています

さあ
ニューイヤーコンサートの
リハーサルも はじまりました
ちょっと スローな気分になって
次のプロジェクトをすすめてゆきます。

===================================================================

◎2016/12/12 ー TEA TIME ー

過日
東洋大学文学部伝統文化講座(最終回)につきましては
石田百合子先生はじめ 東洋大学の先生方
長い間 ほんとうにありがとうございました

古典文学 と 音楽 
とても 貴重な出会いでした

豊かさをもとめて
さらに 学ぶことを続けてゆきたいです

師走になって 
さらに寒くなってきましたね

こんな休日は 
スパイシーな紅茶と
好物のキャロットケーキで
あたたかな 午後のひとときを。

===================================================================

◎2016/12/8 ー 王朝文学に描かれた音楽を読む ー

🎶 東洋大学文学部伝統文化講座のご案内をさせていただきます

東洋大学文学部伝統文化講座 
『王朝文学に描かれた音楽を読む』
─ 宇津保物語と源氏物語 ─

12月10日 (土) 14:45開演~16:15終演予定 
井上円了ホール(東洋大学白山キャンパス井上記念館B2F)

石田百合子氏(古典文学研究家)
特別出演/坂田進一(琴氏・作編曲家・東西古典音楽研究家)

宇津保物語 に描かれた知られざる音楽の世界
めったに 聴くことのできない「七絃琴」の演奏

そして 今回が最終回となります・・・
この稀有な機会に
ご興味のございます方は是非いらして下さいませ
ご来聴をお待ち申し上げております。

*どなたでもご覧頂けます(入場無料)
詳細につきましてはこちらをご覧下さい
http://www.toyo.ac.jp/site/lit/115196.html

===================================================================

◎2016/12/5 ー NHKラジオ第2 カルチャーラジオ 文学の世界 ー

🎶 12/8(木)10:00〜10:30 再放送のご案内をさせていただきます


NHKラジオ第2 カルチャーラジオ 文学の世界
「鴨長明と方丈記 〜 波乱の生涯を追う」(9)〈数奇人長明〉

12月1日(木)午後8:30〜9:00 *終了しました
12月8日(木)午前10:00〜10:30(再)NHKラジオ第2 
解説:浅見和彦氏(成蹊大学名誉教授)

「秘曲尽くし事件」や「鴨長明」という人物について
文学の世界から    音楽にスポットをあてた
とてもわかりやすい解説による内容です

楽琵琶 秘曲に興味のある方に   
是非 オススメの番組です。

🎶「今日は一日、方丈記」(新典社出版)付属CD(演奏:伶楽舎)より
「啄木(楽琵琶)」を番組中で放送されます
尚、この演奏はスティーヴン・ネルソン氏の復曲によるものです

*インターネットラジオ・らじるらじるでもお聴き頂けます
http://www3.nhk.or.jp/netradio/index.html
詳細につきましてはこちらをご覧下さい
http://www4.nhk.or.jp/P1929/2/
http://www4.nhk.or.jp/P1929/

===================================================================

◎2016/11/29 ー Uno strumento tra est ed ovest - Biwa e Mandolino ー

🎶 CD『楽器は東へ西へ 琵琶とマンドリン』11/30リリース


初夏の頃
横浜能楽堂特別企画公演に先立ち
録音されたCDが完成しました

横浜能楽堂委嘱作品
「楽琵琶とマンドリンのための『緒合わせ』」(高橋久美子作曲)
『・・・「緒」は紐や弦のことだが、一方で命、生命などの意味を持つのだ
・・・・・演奏を通じてお互いの楽器を知るだけでなく
その背景にある人の心と心の糸を掛け合わせることの
ひとつのヒントとなれば』という思いで作曲された
*ライナーノーツより抜粋

言葉では表現しきれない気持ち
あらたな音楽の世界が生まれる願いも
『音楽』・・・
楽琵琶の演奏でお伝えしてゆけるように
kahoru.

Ho scelto la musica
Grazie di cuore
Si puo anche suonare insieme 🎶

みなさまに
自由とあかるい軽やかさに包まれた
琵琶とマンドリンの音楽を
是非    お聴き頂きたいと願っております

日本とイタリア
素敵な音楽との出会い
すべての関係者の方々に
心より 感謝申し上げます。

 

11月30日発売   CD『楽器は東へ西へ 琵琶とマンドリン』
〈平成28年度(第71回)文化庁芸術祭参加作品〉
制作・発売:横浜能楽堂(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)
販売:日本アコースティックレコーズ

*詳細についてはこちらをご覧下さい
http://www.narrecords.com/catalog-yncd1003.html
http://ynt.yafjp.org (横浜能楽堂にてお取扱いしております)

*こちらの作品を収録させていただきました
「草庵の諧」(芝祐靖作曲)
「楽琵琶とマンドリンのための『緒合わせ』」(高橋久美子作曲)*横浜能楽堂委嘱作品

===================================================================

◎2016/11/24 ー Reigakusha Gagaku Coccert ー

🎶 In an Autumn Garden by Toru Takemitsu  *前売りチケット完売いたしました 

伶楽舎第十三回雅楽演奏会
武満徹「秋庭歌一具」
11月30日(水)開演19:00(18:30開場)
東京オペラシティー コンサートホール:タケミツ メモリアル
出演:舞/勅使河原三郎・佐東利穂子 演奏/芝祐靖 伶楽舎

武満徹氏の没後20年の2016年
代表作のひとつであり 
唯一の雅楽アンサンブル作品「秋庭歌一具」とともに
伶楽舎がまた一歩 歩みを進めます

前半に演奏する「露台乱舞」は、平安後期から
中世にかけて行われていた宮中での歌舞の宴
再現を試みた 芝祐靖作品です

秋の庭で繰り広げられる一夜限りの
人と自然の饗宴
どうぞご期待ください。

前売りチケットは既に完売しておりますが
当日チケットについては
こちらのサイトをご覧になってくださいね

http://www.reigakusha.com
https://www.facebook.com/reigakusha/
https://twitter.com/tokyoconcerts
http://www.tokyo-concerts.co.jp

===================================================================

◎2016/11/18 ー Hat Design by AKIKO SUSO ー

🎶 帽子作家/スソアキコさん「カチューシャ」作品ご紹介させて頂きます


「露台乱舞」芝祐靖復曲・構成
11/30 伶楽舎雅楽演奏会(東京オペラシティーコンサートホール)

このときの 衣装に合わせて髪に飾る
『カチューシャ』を 
スソアキコさん(帽子作家)に制作して頂いております
http://www.suso.biz/profile.html
*打合せ中フォトより(上)

スソアキコさんの映像もご覧になってみてください
https://www.youtube.com/embed/WrgOJ5b52yg?rel=0

 
これまでの素敵な作品をご紹介させていただきますね

「花冠」(はなかんむり) Nov. 2011

舞楽「貴徳」龍甲(「きとく」たつかぶと) May. 2012


CD「ゆすら」ジャケット(カチューシャ) Dec. 2015

今回は 
どんなカチューシャに仕上がるのか たのしみにしております
私も 本番に向けて「びんたたら」の作舞&練習中です。

*チケットの残席僅かとなってまいりました
ご興味のございます方は お早めにお求めくださいね。

===================================================================

◎2016/11/14 ー あらたな伝統が生まれる ー

🎶 「創造する雅楽」プログラムより〜芝祐靖氏ロングインタビュー


過日
国立劇場開場50周年記念 
平成28年度(第71回)文化庁芸術祭主催 11月雅楽公演
創造する雅楽 〜 これからの千年に捧ぐ 〜
につきましては たくさんの皆様にご来聴頂きまして
ほんとうに ありがとうございました

かねてより    
国立劇場パンフレットは 
大切に保存してありますが
今回は 
芝祐靖氏特別ロングインタビュー 解説文を含め
たいへん 貴重な内容がぎっしりと記されております

「招杜羅紫苑」を
先生とご一緒に演奏できましたこと
新作委嘱初演「雉門松濤楽(ちもんしょうとうらく)」
十二音会のみなさまによる演奏の
あらたな 伝統が生まれる瞬間に携われましたこと
(本番の間 ずっと舞台袖で拝聴させていただきました)
 
国立劇場の舞台でしか味わえない
活気溢れる舞台制作に漂う
時間の流れ 緊張感が存在しています

開場50周年記念 雅楽公演は
歓喜と共に 記憶に残る公演でありました。 

===================================================================

◎2016/11/9 ー 国立劇場開場50周年記念 ー

🎶 芝祐靖/作曲『招杜羅紫苑』〜Shotorashion〜 のご案内をさせて頂きます


国立劇場開場50周年記念 
平成28年度(第71回)文化庁芸術祭主催 11月雅楽公演
創造する雅楽 
〜 これからの千年に捧ぐ 〜
11月12日(土)14:00開演(16:10終演予定)国立劇場小劇場
出演:十二音会 伶楽舎
http://www.reigakusha.com
http://www.ntj.jac.go.jp/schedule/kokuritsu_s/2016/11202.html?lan=j

今年は 国立劇場開場50周年を寿ぎ
さまざまな 記念公演が催されております

「招杜羅紫苑」は
芝祐靖氏により昭和55年に作曲された即興組曲です
楽曲名の「招杜羅紫苑」は 薬師如来を守護する
十二神将の一体「招杜羅」が 
紫苑色に塗られていたことから総称されたそうです

雅楽器それぞれが醸し出す   響き
旋律 リズム より
寺院に安置される
音声菩薩 天邪鬼 迦楼羅面 
吉祥天 持国天など
どのような
イマジネーションを感じていただけますでしょうか

私自身 この作品から 
可能性への追求による奏法からなる   
斬新さ ときに 情感溢れる旋律のゆらぎ 
アンサンブルの難しさを学んだ
とても 大切な作品のひとつです

みなさまの
ご来聴を お待ち申し上げております。

===================================================================

◎2016/11/4 ー Contemporary Gagaku ensemble ー

古典曲に魅せられる
揺るぎない神髄を
音楽や舞により 
受け継げられてきた今日の雅楽

そして
もうひとつは
雅楽の新たな魅力に触れる
現代作品へのアプローチ

これらの作品には
さまざまな アイディアやテクニック
創造の世界が 存在しています

11月は 現代作品の演奏が続き
そのためのリハーサルも進んでいます

さらに 
雅楽の魅力を
ご紹介させて頂けるよう
感性を研ぎ澄まして
演奏したいと思っています

寒い季節に向かって
冬仕度もしつつ・・・。

===================================================================

◎2016/11/1 ー Renewal 〜 新たなスタート 〜 ー

🎶 舞&琵琶  Lesson のお知らせをさせて頂きます


10月より 新しくリニューアルされた
朝日カルチャーセンター・新宿での
「古代を舞う・右舞」のお稽古場
三井住友ビル4階から11階へと
フロアが移りました

新しく生まれかわり
さらに 高いフロアへ 
こんな感じに 眺めも変わりました

この日は ひさしぶりのお稽古
熱心な 受講生のみなさまと
たのしい お稽古のひとときでした

琵琶・舞のお稽古を
しばらくお休みにしてしまい
お待たせしてすみませんでした

今月から すすめて参りますので
ひとりひとり 自由なペースに合わせて
お稽古してゆきましょう

これから お稽古をはじめてみたい方
ご興味のございます方も 
お気軽に お問い合わせくださいませ。

*詳細につきましてはこちらをご覧ください
http://www.kahoru.jp/lesson.html

===================================================================