profile aboutus shop shop

中村 かほる(Kahoru Nakamura)楽琵琶・右舞

国立音楽大学在学中、世界最古の琵琶譜、天平琵琶譜「番假崇」(芝祐靖氏復曲)の演奏に出会い雅楽を学ぶ。龍笛を芝祐靖氏、楽琵琶・右舞を山田清彦氏に師事。伶楽舎所属。 90年国立劇場音楽公演を始めとし、国内外での様々な音楽公演等で雅楽奏者として琵琶・舞に携わる。楽琵琶の魅力と可能性を追求し、雅楽古典及び現代作品、さらに廃絶された楽琵琶秘曲や独奏曲の復曲、新たな舞の作舞などにも取組み、活動を展開している。

Kahoru Nakamura (gaku-biwa and umai)

Kahoru Nakamura began her studies of gagaku (Japanese court music) after encountering a performance based on the world’s oldest surviving music notation for the East Asian four-stringed lute (biwa), the Tenpyō biwafu, in Sukeyasu Shiba’s reconstruction, entitled “Bankasō.” She has studied transverse flute (ryūteki) with Shiba himself, and the gagaku lute (gaku-biwa) and Dance of the Right (umai) with Kiyohiko Yamada. She is a member of the gagaku performance group Reigakusha.
She has appeared as a biwa player and dancer in many concerts, both within Japan and abroad, since her debut in a concert at the National Theatre (Tokyo) in 1990. She has a strong interest in exploring the expressive possibilities of the biwa, in the performance of both the traditional repertoire and modern compositions, as well as in the revival of the ancient repertoire of solo and secret pieces now lost from the biwa tradition. She has also been active in choreographing new dances.

1990/3
4
11
1991/9
1995/9
1996〜2008
1998/9,10


1999/3
4
2000/6
2001/12
2002/9
2003/1
5
10
2005/2
10
12
2006/7
2007/7
2008/4
5
11

11

11
2009/9
2011/11

2012/7

2014/3

10
2015/1
11
11

12
2016/1

5


10

2017/9

国立音楽大学音楽学部教育音楽学科卒業
雅楽演奏グループ「伶楽舎」に入会
国立劇場第13回音楽公演「二つの音楽シーン」〜明治選定譜と伶楽〜に出演

日枝神社「仲秋管絃祭」にて「抜頭」を舞う、(舞楽)初舞台
国立劇場弟40回雅楽公演「淵酔舞楽」芝祐靖復曲、において白拍子の舞を作舞
鶴田流薩摩琵琶を田中之雄氏に師事
ネスレコンサート'98 黛敏郎作曲バレエ作品「BUGAKU」、
石井真木/指揮、芝祐靖/舞・監修、新日本フィルハーモニー 交響楽団と共演
(サントリーホール&ザ・シンフォニーホール)
IAAF世界室内陸上競技選手権開会式にて芝祐靖氏と共演
朝日カルチャーセンター・東京「古代を舞う」講師
文化庁芸術インターンシップ研修員
ジョイントリサイタル「龍笛・琵琶」 銕仙会能楽研修所にて開催
コンサートシリーズ「琵琶・舞I」紀尾井小ホールにて開催
国際交流基金主催、ニューヨーク・ジャパンソサエティーにてAPAPに参加
サロンコンサートシリーズ「yEar.」 、学士会館にて開催
コンサートシリーズ「琵琶・舞II」、 旧細川邸にて開催
コンサートシリーズ「弾くものは琵琶」 、学士会館にて開催
伶楽舎創立20周年記念演奏会、芝祐靖作曲「瑞霞苑」において右舞を作舞
紀尾井邦楽スペシャル日本音楽のかたち「日中琵琶の調べ」、芝祐靖氏作品を共演
国立劇場弟60回雅楽公演「管絃」〜失われた伝承を求めて〜、琵琶秘曲「啄木」復曲演奏
「のうのう七夕コンサート」観世喜正氏、一噌幸弘氏、八木千暁氏と共演
昭和女子大学オープンカレッジ「雅楽の彩を舞う」講師
伶楽舎雅楽コンサートno.19「琵琶あれこれ」琵琶秘曲「流泉」復曲演奏
早稲田大学理工学部創設100周年記念作品、菅野由弘作曲 「北斗西流」
〜雅楽・電子音響 とロボットの 舞い〜においてロ ボットの舞を作舞
2010年・光明皇后様1250年遠忌、「法華寺 JAPAN21」創立記念祝賀会
「維摩講コンサート」にて天平琵琶譜「番假崇」演奏
「東洋大学伝統文化講座」(解説・石田百合子氏/古典文学研究家)にて演奏
韓国国立国楽院(ソウル)、復元曲プロジェクトセミナーにて楽琵琶演奏&レクチャー
山下和仁ギターコンサート(長崎ブリックホール)、藤家溪子作曲
「遣唐使舶 發難波入海之時 親母贈子歌」において舞を作舞
紀尾井 江戸 邦楽風景(六)「朝鮮通信使」、韓国国立釜山国楽院の演奏にて
コラボレーション舞楽「納曾利 破・急」を舞う
岸辺成雄博士記念・東洋音楽史研究国際シンポジウム「唐代音楽の研究と再現」
スティーヴン・G・ネルソン氏による復曲にて演奏
林謙三先生記念国際シンポジウム「随唐音楽と日本雅楽」(解説・遠藤徹氏)にて演奏
「Frankfurter Positionen 2015」~Ensemble Modern Meets Gagaku~にて演奏
石川高氏と「kishun」を結成し笙と楽琵琶だけの雅楽プロジェクトを開始
日韓国交正常化50周年記念~ 雅楽、韓・日の魂の響き ~
韓国国立国楽院(ソウル・釜山)にて舞楽「落蹲」を舞う
CDアルバム「ゆすら」〜 楽琵琶秘曲と小品 〜 リリース
楽琵琶 ソロコンサート〜 Playing the Gakubiwa 〜
代々木の森・リブロホールにて開催
日伊国交樹立150周年記念 横浜能楽堂特別企画公演 楽器は東へ西へ「琵琶とマンドリン」
高橋久美子作曲「楽琵琶とマンドリンのための『緒合わせ』」
マンドリン奏者ドリーナ・フラーティ氏と共演(初演) 横浜・ミラノにて
The Concert of Tokyo Concerts Lub.「和・美シリーズ2」 楽琵琶コンサート
伊左治直作曲「紫紺野牡丹」- Brazilian Spider Flower - (楽琵琶版初演/premiere)
上海第12回日中比較国際シンポジウム「古楽復元音楽コンサート」にて
Steven G.NELSON氏監修による楽琵琶独奏曲の復元演奏

 

「楽琵琶」について

平安朝末期から鎌倉初期にかけては、琵琶がとくにもてはやされた時代でした。名手がたくさん現れた時代でもあり、天皇、摂関家もこれを弾かれ、楽人、僧侶など音楽に関係のある多くの人々も競ってこれの習得に励みました。『三五要録』を編纂した藤原師長も琵琶の大家でした。琵琶の起源は、古くイランに発生して、シルクロードを経由し東へと伝えられ、奈良時代頃、藤原貞敏により琵琶譜を唐から持ち帰り、海を渡り日本に伝えられました。後に琵琶をめぐる説話が数多く生まれ、文芸の世界では有名になりました。雅楽の琵琶は「楽琵琶」と呼ばれ、正倉院に収蔵されている四絃琵琶がそのままの姿で現在まで伝えられています。「三五」とは全長三尺五寸にちなんだ楽琵琶の異称です。
また、奈良の正倉院にはその源流を、それぞれ中国(阮咸)、西域(四絃)、インド(五絃)に求めることができる琵琶が残存しています。
古より神仏や幽冥の世界に通じ、人の心を慰め和ませるために楽を奏しておりました。
芸はつたなくとも(名人に憧れつつも)、今も生き続けるその背景に流れる精神を大切に、耳を澄まし琵琶を奏してゆきたいと思っております。

About the gaku-biwa, or biwa (lute) used in gagaku

This instrument was most popular from the end of the Heian period to the beginning of the Kamakura period, that is, from the 12th to early 13th centuries. There were many musicians—emperors, highly ranked courtiers, professional musicians, and Buddhist priests—who strove to master the instrument. The Chancellor Fujiwara no Moronaga (1138–92) was a master biwa player who compiled a 12-scroll collection of notation for the instrument entitled Sango yōroku (‘Essentials for the three-five [instrument];’ ‘three-five’ referring to the traditional length of the instrument, 3-shaku 5-sun, or approximately 106 cm.
The first instrument of this type appeared in West Asia in ancient times. It spread east along the Silk Road, and arrived in Japan by the 8th century. The Japanese musician Fujiwara no Sadatoshi (807–67) studied the instrument in China and returned to Japan with notation for the instrument. Many tales later developed about his exploits and the biwa tradition, and it became well known in cultural circles.
The biwa used in gagaku is called the gaku-biwa. It is a pear-shaped 4-stringed lute with a bent neck. Two other extinct lutes preserved in the 8th-century repository Shōsō-in (in Nara) have different structures and origins: the genkan is a 4-stringed banjo-like instrument with origins in China, while the gogen is a straight-necked 5-stringed instrument with origins in India. These lutes were thought to provide a means of communicating with the deities and the other world, and of pacifying the human spirit.
Although she feels that attaining the level of the masters of the instrument (whom she admires) will always require continued efforts, Kahoru Nakamura hopes to contribute to keeping its spiritual tradition alive, listening carefully to the sounds that she, and her fellow musicians, send into the world.

(Translated by Steven G. Nelson)